top of page

日本政府発表!目標80万人




これは、注目です。


~日本の労働力不足と外国人雇用~

特定技能受入人数目標が発表されました!!!


日本政府は5年間ごとの外国人労働者数受入目標人数を設定しています。

先日、日本政府から外国人労働者(特定技能をメインとする)の、 新規入国者数を5年間で(2023年度~2028年度)

「80万人超えを目指す」



ちなみに、2019年度~2023年度の5年間での 新規外国人労働者入国数は、

「34万5150人」でした。

前5年間の倍の人数の受入人数目標ですねー。


日本が直面する深刻な人手不足に対して 外国人材のニーズが一層高まっている証拠ですね。

ただ、80万人達成するには、 いろいろと体制も必要かと思います。


・日本企業の積極的な受入体制の構築

・自治体を挙げてのバックアップ体制の構築

・在留資格の速やかな交付


いろいろ整って、外国人を雇用することが

特別なことではなくなればいいなと思っています。


人材不足による経済破綻しないようにするため、

外国人雇用のノウハウがある事業者が

「日本の未来に生き残る」ともいわれています。


もし外国人雇用を始めたい、始めたけれどうまくいってない、

などなどお悩みや疑問点など、 どしどしお問合せお待ちしております。 株式会社コアーズ



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page