top of page

介護職が天職!?



もう6月ですね。 今月はどのように過ごしますか?


良い1ヶ月だったと思えるように

一つ一つ、一歩一歩を大切に 進んでいきます!



さて先日、リタケアの日本語講師から聞こえてきた話に涙腺崩壊しそうに!


どんな話かというと・・・




特定技能ビザは入国後、役所の手続きなどおわれば、

日本人の職員さんと同様にすぐに現場で働くことができます。


日本人でも躊躇することもある介護のお仕事。

当然、排泄物などのお世話も当然あります。

それを心配した日本語講師が彼女たちに

「どう?大変?驚いた?」と尋ねたところ、

「先生、何を言うんですかっ!!これが私たちの仕事ですよっっ!」

と答えたそうなんです~。


初めての異国で高齢者様のお世話、

ここまで使命感をもってくれるなんて・・・うるうる。。。


か、か、感心、感動しかありません!(T-T)


この彼女たちの活躍の場を提供すれば、

日本の未来の介護業界の救世主になってくれます。

私たちリタケアではひとりひとり大切にご縁をつないでいきます!



さて、インドネシアの彼女たちの話をする上では、 やはり宗教について、よく質問されます。

宗教の規制はもちろんないけれど、 お祈りの場所や時間など特に用意できないよ、とか

事業者様がご心配くださいます。


じつは私たち日本人がイメージするイスラム教徒より、

インドネシアの方々はおおらかな感じです。

ジャカルタではヒジャブと呼ばれる頭に被るスカーフも、

被っている方は半々くらいとか。

リタケアの協力教育機関でも、授業中にも被っている人は数人です。


「親はジルバブを毎日被っているけど、自分は被っていない」とか、

「学校行く前に親にジルバブを渡されるが、家を出てすぐ外す」という人もいて、

私たち日本人がイメージするイスラム教徒より、おおらかな感じです。


おしなべて信仰度、価値観は人それぞれで、それを責めたりしない。

ヒジャブをしている人もいれば、タトゥーをゴリゴリに入れている人もいる。

いろいろな人が入り混じっている多民族国家ゆえに、

「自分が敬虔なイスラム教徒だからといって、

そうじゃない人を糾弾したりなんてしない」という考え。


インドネシアの多様性、寛容性の良き文化だと感じますね。


リタケアの介護スタッフは、

日本で働くときは、お祈りの時間とかも休憩時間に行ったり、

勤務にさしつかえないようにするべきだ!、と

しっかり認識していますので、ご安心ください!!


インドネシアの人と働くうえで、

なにか疑問点などありましたら

お気軽にご連絡くださいー。





ーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社コアーズ リタケア事業部

TEL03-6256-9133

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarii


bottom of page