top of page

知っておくべき在留資格制度

はじめて外国人雇用を始める介護事業者様から、

「仕組みや制度の違いがよく分からない」

「受け入れに漠然とした不安がある」というお声を良くお聞きします。


そこで・・・・

外国人介護人材採用における最低限知っておきたい情報

まとめていきたいと思います!



まずは在留資格制度です!

2024年4月時点で、外国人介護人材を受け入れるには4つの制度があります。


いったいどれがいいの?とご質問があります。

それぞれの特徴に細かな違いがあるので、メリットとデメリットを

改めて確認しておきます。





初めて外国人介護士を採用するなら「特定技能制度」?「EPA制度」?


上記の4つの制度のうち「技能実習」は、制度の歴史は長いものの、

労働者側にとって不公平・不平等な点が多いことから、長年批判されてきました。

技能実習制度は今後、廃止へと舵が切られることになります。


EPAは支援金が出ますが、業務可能範囲が限られていることと、

毎年の受け入れ人数に上限があるため、必ずしも希望通りに採用できるとは限りません。

さらには今後もっと倍率は高くなるはずです。


そのため、これから外国人介護士の採用を検討するなら、

ここ数年で急激に普及している特定技能制度受け入れもスムーズではないでしょうか。



これから外国人採用を始めるにあたり、検討しながらも、

具体的なイメージが湧きにくい・・・、

外国人の方と働くということを想像できない・・・、

などの不安をかかえている採用ご担当者の方は、

ぜひリタケアまでご連絡ください。



株式会社コアーズ

人材紹介事業部 リタケア

TEL03-6256-9133



0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page