top of page

出勤シュミレーション




わたしは普段は広報を主に担当していますが、

つい先日、今月入国したインドネシアの介護人材への

「出勤シュミレーション」をお手伝いしてきました。


今回担当させてもらった彼女は、電車に乗ったことがありません。

前日は一駅歩いて買い物に行ったそうです。


電車の時刻表を見るのも、切符を買うのも、

数字が時刻なのか?値段なのか?・・・と、全て初めて。


外国人の方々には複雑すぎて困難です。


ただ、かくゆう私も30年以上東京に住みながら、なんと初の都電に乗ることに!!!!

(都電があることすら知らず、てっきり都営だと思ってたし!)


はい、人に教えるどころではありません。


日本語が読めるから、スマホでネットが繋がるから、

電車にも乗れるようなものです。

スマホ片手に何とか施設様にたどり着きました。


23歳の彼女はGooglemapでスイスイとしっかりと

自分で方向確認しながら進んでました。


そして切符、定期券販売のひらがな入力も、

正直、わたしより早いかも??というスピードでピっ、ピッ、ピッと

直感的にど終了~。

やはりデジタルに強い世代ですね!!!



施設に付いた後はご挨拶して、職員の皆さまが、ご利用者様の皆さまも、

あたたかく迎え入れてくださってました。

私もとても良い経験となったので

今後なにかの機会にいかしたいと思います~。



リタケアは育成、紹介、定着まで一貫サポート。

育てているから出来ることがたくさんあります。


外国人材を始めるとき、始めたけどうまくいかないとき、

ぜひリタケアまでご相談ください。






0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page